知っておきたい!子供の命名についての基礎知識

子供への最初の贈り物とは?

名前は、親から赤ちゃんへの最初の贈り物ですよね。産声とともに生まれてきた赤ちゃんは、名前を与えられることで、かけがえのないたった一人の存在となって、独自の人生を歩み始めるんですよね。名前は、人間社会へのパスポートでもあるんですね。赤ちゃんに最高の名前をつけてあげたいと、親は一生懸命に知恵を絞って名前を考えますよね。最高にすばらしい贈り物を選ぼうとする命名の行為は、赤ちゃんにとっても親にとっても一度きりですね。子供は、呼ばれるとき、書くとき、由来を知るとき、抱えきれないほどの親からの愛情を感じとるでしょう。

どんな名前を呼びたいか?

名前を呼ぶときは、口の中で音をつくり出していますよね。このときに、名前を発声した人が感じる感覚を「語感」と言いますね。語感は脳の奥に働きかけ、人の印象を左右する力があるんですよ。語感がもたらす効果を利用して、印象のよい名前にするのは、最近一番人気がある命名法ですよ。「赤ちゃん」は名前が与えられ、ほかのだれとも違う、たった一人の我が家の「〇〇ちゃん」となり、自分の人生を歩き始めるんですよね。名前は赤ちゃんの命そのものなんですね。

音から命名するのは言葉の本質に合っている!

言葉の歴史は、文字よりも音声が先ですよね。一生のうちで、名前を呼んだり呼ばれたりする回数は数限りなく、名前の音は、名前の字以上に身近なものですね。名前の音は、発音したり聞いたりする際に、脳の奥深くに働きかけ、その人の印象を大きく左右するんですよ。日本語は、文字のない音だけの時代が長かった言語ですよね。先に名前の音(読み)を決めて、あとから漢字を当てはめる方法は、現代的であると同時に、昔からの伝統を受けついだ、言葉の本質にのっとった命名法だとも言えるんですよ。

占い師による姓名判断がきっかけで改名する人がいますが、それをはじまりとして運気が向上する場合もあります。